iPhone カメラアプリ オーガニゼイション

Icon

日本最大の Instagram ( インスタグラム ) ユーザーコミュニティ代表の えんぞう が適当にiPhoneカメラアプリのレビューとかInstagramとか写真関連とかの与太話なんかをします。

質問とかあれば随時募集しております。

こんな画像やあんな画像はiPhoneでどうやって撮ったり作ったりすんの?っていう質問とかあれば分かる範囲で答えますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。右下のフォームでもtwitterでも使いやすい方でお気軽にどうぞ!

2013.01.06-13 谷中で個展やります。

2013年1月6日(日)~1月12(土)
ギャラリーカフェ&バーawobar
土偶作れたり鬼のようにデコったホットケーキが喰える谷中のギャラリカフェである。
西日暮里か日暮里から散歩がてら来れる東京下町アートエリアを堪能できるロケーションである。
原宿→横浜×2→谷中今回で4度目となる個展である。

→続きを読む

久々に大御所からカメラアプリ来た。KitCam。

久々に待望感の滲み出るアプリが来た。ゲット済みでまだ遊んでる段階。
ここの会社はiOSでレタッチもするんだ、という向きには基本的に購入して使えてないとダメと言わしめる程完成度の高い、
PhotoForge2 – GhostBird Softwareの開発元が出したカメラアプリなんだぬん。

ちなみにphotoforge2はマストアイテムだからまだ持ってない人は確実にゲットすべきで、且つアプリ内課金のpopcamは絶対に購入すべきなのだけど、
作風が知りたいという人はえんぞうの3gsのアカウントを見てくれれば分かるよ。

Instagram

ほんでこのkit cam。
動画と静止画行ける。リアルタイムエフェクト。多重露光も出来る。
後から撮影画像の編集もOK。
但し、カメラロールからの読み込みは出来ない。


カメラそのものの機能も悪くない。フォーカスポイント露出ポイント別設定OKな他、露出とWBをマニュアルで設定できる。


編集機能もトーンカーブを除く補正は搭載。
photoforgeにデータを渡せるので詳細な編集はそっちでやっても良い。
相変わらず非破壊編集が出来るっぽくすなわち無限アンドゥリドゥで、工数こなすと激重系かと(要検証)。


レンズとフィルム、フレームを選べる。仕上がりはPhotofoegeのpopcamをアクを抜いて凶悪にした感じ。

アプリの趣旨としてはHipstamatic – Hipstamatic, LLCなんだけど、編集機能が搭載されている点が異なる認識。
今まで無かった位置づけだから今後マーケットがどういう反応を示すかは楽しみ。

とは言え、カメラロールからの読み込みに対応しないカメラアプリはiPhoneographer的に敬遠しがち。
それならHipstamatic – Hipstamatic, LLCINStanPocket – MorokoshiManでスナップするかなー。

ゲットは以下。

KitCam - GhostBird Software

そう言えばiPhone5の @casetagram 作った。

主催してるInstagramersJapan(IGersJP)でcasetagramに協賛してもらってるんだけど、
iPhone5出た翌週には既にケースデザインが出来る状態になってたという出来る香港の企業で、
全世界送料込みで販売してるのですげーなと。


立場上iPhone5は即刻ゲットしたので早速作って見ることにした。

この記事の続きを読む|Read the rest of this entry »

iPhone Photography著者が選ぶiPhoneographer10人。

写真家というのは凄いなぁと思わせる10人が紹介されている。

買ったけど面倒くさくて読んでないが、
iPhone Photographyの著者に依る解説。
情熱すら感じる。

えんぞう個人はそんなに写真に関心は無いのだが(最近はハードウェアについても熱が冷めたので割りとどうでも良くなってきては居る)、
だからこそ別段著名高名な写真家を探したり追うことも特段無いので、写真を見る目や批評する目、言説があるかどうかは良く分からないものの、
InstagramersJapan(IGersJP)の活動を通じてそれはもう膨大な枚数の画像を毎日見ていることだけは確かだ。

ここ一年は毎日毎日本当に膨大な枚数を見て過ごして来たものだから、あることに気が付いた。
それは、
やっぱり持ってるヤツと持ってないヤツというのがいて、
持ってるヤツというのは持ってるなーと言う事である。

持ってるヤツというのは500人に一人くらいしかいないんじゃないだろうか。
当然自分自身が「持ってないヤツ」である事は1年前には知っていたのでそれは残念ちゃ残念ではあるのだが。
同じiPhoneを利用して撮影なり加工なりがされたものとは到底思えない作品がやっぱりあるんである。

そうじゃないという意味でたけなかさんに教わったこの方の写真論は面白いとは思うけど、肝心のこの方の写真をえんぞうは理解できないので今ひとつピンと来ないでは居る。

フォトショップのバリエーション補正みたいなUIのGridditor。

フィルターストーム開発者のアプリで、これは結構親切設計だなぁと思った。

要は十字方向にパラメーターが振られていて、中心から離れるほど効果が強く掛かるという仕様。
これを幾重にも繰り返していける。

パラメータは、
Filters:
■ 1970s
■ Black & White (with 3 color filters)
■ Bleach Bypass
■ Brightness
■ Contrast
■ Crumpled
■ Darkness
■ Desaturation
■ Gloom
■ Highlights
■ Monochrome
■ Saturation
■ Sepia Tone
■ Shadows
■ Softness
■ Split Tone
■ Toy Camera
■ Vibrance (Overlay Blur)
■ Vignette
■ Focused
■ Focused Color
■ Focused Contrast
と。

自分の目で予め結果を予見できる仕様で加工していきたいなら便利かも。

デモ動画もどうぞ。

Translator

Japanese flagEnglish flag















検索ちゃん。

Loading








阿佐ヶ谷住宅写真集発売中!

阿佐ヶ谷住宅写真集!


iPhone5だけで撮影編集加工された日本近代建築の傑作 阿佐ヶ谷住宅 写真集絶賛発売中!500部限定販売なのでお早めに!


instagram

@instagramenzo

flickr


Created with Admarket's flickrSLiDR.

tumblr

お問い合わせはこちらから。

アプリについてのご質問からiPhoneカメラについてのご質問等ご自由にどうぞ。 あとiPhoneカメラで撮影して加工してお納めする仕事も無料~バカ安でやりますので是非どうぞ。 広告ディレクションとかWebコンサルも無料~クソ安やりますのでその辺の相談もどうぞ。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

captcha

お薦めガジェット