iPhone カメラアプリ オーガニゼイション

Icon

日本最大の Instagram ( インスタグラム ) ユーザーコミュニティ代表の えんぞう が適当にiPhoneカメラアプリのレビューとかInstagramとか写真関連とかの与太話なんかをします。

えんぞうが日本3大iPhoneographerのひとりと敬愛してやまないARCHさんの本がアプリで出た。見せたくなる風景が撮れる本。




これはニュースである。

えんぞう的にはinstagram以前と以後でiPhoneographyの代が変わったんじゃないかと思ってたりする。
前者は既に別の活躍の場に移行してる感じがするんである。
後者は僭越ながら代表的な所でMustagramを筆頭にinstagramから派生した層である。
※ちなみにえんぞうはMustagramの主催だったりする。

実はえんぞうもinstagramより以前からiPhoneで写真はチマチマとではあるが撮影していた。
その頃とんでもねー作品ばかり量産して神のようなアプリ遣いをする輩が居るものだと死ぬほど熟読していたのが、ARCHさんのfavlifeだ。
ARCHさんはFlickerのiphoneographyJapanの主催でもある。イヤほんとにiPhoneography作品として手本のような作品ばかり発表されてる。

がしかし、
instagram移行、iPhoneographyは多様化した。
良い悪いは別としてiPhoneographyを突き詰めていくだけじゃなくて、カジュアルに楽しむコモディティ化が進んだ訳だ。
それにinstagramは特段作家性を追求して特をするSNSではない。
Likeが欲しいのであればウケる画像をこさえて投げればそれでLikeはつくしポピュラーにも入る。
もっと悪いことにプロフィールがおねーちゃんの写真でそれっぽい画像を投稿しまくってコメントにそれっぽく対応しているだけでお山の大将になれる仕組みである。
更にinstagramはポン出しでフィルターが掛かる。
撮るだけでそれっぽい画像が量産できるアプリも蔓延した。
カジュアルになったのである。
ともすると、iPhoneでもって加工をする動機というのが特段無くなる。
一方で、
いくらiPhone4Sのカメラがコンデジより優れている とはいえ、
主要カメラ誌に於いてiPhoneはカメラとして認識されていない(正確に言うと日本カメラとかシャッターマガジンはフォローしてると思える)し、
当然コンペにも応募できない(できるかもしれないが)。
その意味で露出も絞りもシャッタースピードも(認識でき)ないiPhoneはフォトコンの観点からしてカメラではない。
するってーとiPhoneをカメラとして使う動機というのも、同じく特段無くなるのである。

instagram以前は今となっては加工道=ハードコアであり、そうする方がマイノリティなのではないかと思う。
いや、別にそれがいいとか悪いとかではない。
そんなん楽しめばいいんだから本人がどうしたいかだけの問題である。

真のiPhoneographyの数少ない指南書があるとすれば、そのひとつが本書であるということだけだ。

見せたくなる風景が撮れる本 。
見せたくなる風景が撮れる本 - ENTERBRAIN,INC.

こちらの記事もどうぞ。:


Category: ニュースだぜ

Tagged:





えんぞうさんのInstagramはこちら







最近の投稿



検索ちゃん。

Loading








阿佐ヶ谷住宅写真集発売中!

阿佐ヶ谷住宅写真集!


iPhone5だけで撮影編集加工された日本近代建築の傑作 阿佐ヶ谷住宅 写真集絶賛発売中!500部限定販売なのでお早めに!


instagram

@instagramenzo

flickr


Created with Admarket's flickrSLiDR.

tumblr

お問い合わせはこちらから。

アプリについてのご質問からiPhoneカメラについてのご質問等ご自由にどうぞ。 あとiPhoneカメラで撮影して加工してお納めする仕事も無料~バカ安でやりますので是非どうぞ。 広告ディレクションとかWebコンサルも無料~クソ安やりますのでその辺の相談もどうぞ。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

captcha

お薦めガジェット